魔術師-大アルカナの1




野外イベント、お祭り、ライブ等に最適!イベント向け電源セット

 魔術師は大アルカナの1です。つまり、1番目です。1番目というわけで、「始まり」を表します。
例えば「ものごとの始まり」を表します。
「入学式」「入社式」「こけらおとし」「上棟式」「火山の噴火が始まった」「テープカット」とかとか、、、

ものごとだけでなく「新しい事を始める人」も含まれますよ。
「新入社員」「新人」「ルーキー」「新入生」「小学一年生」「徒弟」

「始まり」を「人間としての始まり」と取れば新生児も含まれそうですが、新生児は「愚者」の方に入ると思います。

なぜなら
「魔術師」のイメージには「自分の足で立つ」「何か始めようとしている」というものが含まれているからです。

つまり、内面としては「気持ちを一つに絞る」っているはず、外面に現れる事としては「何かわからないとしても明確に何かしようとしている事がわかる」のです。
「新生児」は人間として生まれているわけですから「人間を始める」という事はわかるのですが、「自分の足で立つ」というイメージには合わないし、「気持ちを一つに絞る」というイメージにも合いません。というわけで「新生児」は当てはまらないと思います。

「初々しさ」や「青二才」といったイメージもあります。

これから、多くの失敗をするでしょうし、多くの知見を得るでしょう。
「不安」や「期待」が入り混じった思いを持っているのが「魔術師」なのです。

あなたは何を始めますか?



全身脱毛なら銀座カラーが断然おトク≪\175,000≫!★勧誘一切なし★